0
¥0

現在カート内に商品はございません。

タラゴ スニーカー ペイント コーティング 薄め剤 25ml(色止め用)

¥1,430 税込
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
着色後に塗布することで、表面を光沢もしくはマット仕様に仕上げにすることができ、色落ち防止効果も向上させることができます。


立岡靴工房が仕上げに使っているスペインの老舗靴クリームブランドTARRAGO(タラゴ)社の色止め剤です。

立岡靴工房がパティーヌに使っているサフィールの染料(アルコール染料系)のトップコートにも使えます。
筆やクロスに染み込ませて、表面が白くならない程度に2〜3度塗りを推奨しています。

下地の革にほとんど影響がないため、立岡靴工房はレザーアイテムの仕上げに使うことがあります。

加工時に下地のカラーが色落ちすることもなく、加工後はパティーヌ製品に多い色落ち、色ムラを抑制します。
また、表面を薄くコーティングすることで防水効果も期待できます。

革が硬くならず、ソフトな手触りに仕上がるため、アクセサリーなどの色止め剤としてもおすすめです。
スムース革とスムース合成皮革に使用可能です、スウェードにも使えますが、目立たないところでテストしてください。

使用前はよく振ってください。子供の手が届かないところに保管。
長期的に大量に吸い込むと有害なので、マスク着用、もしくは定期的な換気が必要です。


関連商品のウォーターベースラッカーはこのように使っています。
⬇︎
【ベルルッティ携帯ケース染め替え】ブラウン系パティーヌのメンテナンス

http://tarrago-jp.com/

歴史 1940年、”プロドゥクドス・タラゴ”という会社名で設立され、設立当時は、家庭用の生地染料を製造していました。(会社がある)マンレザ地方は、19世紀から、生地の一大生産地として有名でした。 (マンレザがある)カタルーニャ地方の生地産業が60年代に衰退したのを受け、タラゴ社は、靴の修理やケア用の商品の生産へと方向転換をしました。タラゴ社は、“ユニバーサル・ダイ”という名の、現在でも継続販売されている、白いレザーを黒く染め替える事さえできる、世界で最初の水性レザー染色剤を開発、靴業界の発展に大きく貢献しました。この成功により、タラゴ社は国内/国外双方で、大きく業績を伸ばしました。 80年代になると、登山靴用、スポーツシューズ用、子供靴用、乗馬用まで商品用途を増やすと共に、工業用/プロ用の商品まで、商品ラインナップを拡充しました。

カテゴリ一覧

ページトップへ